← その1                                                        その3 →


 ≪ 日本列島四季百彩 U その2 ≫




【香嵐渓のカタクリ 愛知県 2011年3月】 秋の紅葉で有名な香嵐渓はまた,春のカタクリでも有名である。
花の密度が高いこと,花びらの色味が美しいこと,急斜面に咲いているので三脚をすえてのアップ
写真が撮りやすいことなど,これまで訪れたカタクリ撮影地の中ではベストの場所であった。




【快晴の枝垂れ梅 愛知県 2011年3月】 枝垂れ梅は関東でも関西でも見聞したことがないので,
中部地方の特産種ではないかと思う。ここ中部地方では,愛知県や三重県の何箇所かで,枝垂れ梅を
愛でることができる。なかでも名古屋市農業センターでは,12種類700本の紅,ピンク,白色の枝垂れ梅が
植栽され,(おそらく)日本一の規模を誇っている。満開の時期になると,それらの花が絢爛豪華に咲き乱れる。
  一日撮影しても飽きない場所である。




【春を呼ぶ福寿草 群馬県 2011年2月】 福寿草は太陽の光を浴びて花弁が開くので,雪から顔を
のぞかせる花開いた福寿草に出会うのは意外と難しい。これは下仁田町にある「福寿草の里」で
撮影したもの。私のお気に入りの撮影地である。




【新滝の氷瀑 長野県 2011年2月】 寒波のせいか,今年は例年になく氷瀑の成長は見事だった。
                これは正面から左右対称気味にフレーミングしたもの。




【田原海岸のけあらし 和歌山県 2011年1月】 チャンスは一瞬。準備万端整えておき,
                 レース中の競走馬を激写する要領でひたすら連射する。





【薄明の足摺岬灯台 高知県 2010年12月】 長秒撮影によって,岩壁の淡い光と白い波しぶきをベール状に写し込んだ。




【秋吉台のススキ朝景 山口県 2010年12月】 イメージどおりの構図とライティングになるポイントを見つけることが先決。あとは晴れ待ち。




                                           
このページのトップへ

トップページへ