←その4                                                                 その6→

 ≪ 日本列島四季百彩 U その5≫


【梅と桜の名古屋城  愛知県 20123&4月】 
 江戸城・大阪城と並んで 日本三大名城の一つとして知られるのが名古屋城  戦前は 国宝であったが 空襲で消失し 現在の建物は鉄筋コンクリート造りである  春先には天 守閣を取り囲むように植えられている桜や梅の花が咲き乱れ 多くの見物客でにぎわう   桜は西の丸と本丸 梅は西の丸と二の丸に多い  画像は西の丸に咲く桜と梅を前景 に 天守閣をフレーミングした  こういった定番的な写真は 快晴が絶対条件なので 快 晴の日を選んで撮影に出かけた  ライティングの関係から 桜・梅と天守閣の撮影は  午前中がベストである 



【伊豆半島青野川の河津桜  静岡県 2012月】 
 本州で最も早く咲くのが伊豆半島の河津桜である。伊豆半島南部を流れる河津川と青 野川の河岸に整備された並木道があり 桜咲くシーズンには観光客で一杯になる 画像 は青野川沿いの桜並木で 撮影的には河津川よりもこちらの方が撮りやすく 風景写真 になりやすい ただし晴天快晴であることが絶対条件である
 青野川には以前所属していた写真クラブの撮影会で一度訪れたことがあるが そのとき はコンテストを意識してせかせかとアップ写真ばかりを撮り 心にゆとりを持ってのんびり と伊豆の春景色を撮影することもなく 今振り返っても印象に残るような作品を撮ることが できなかった 今回その点を反省し 周辺を取り込んだ広い風景写真をゆとりを持って撮 影することを心がけた 上の画像は 快晴の土手に咲く河津桜と菜の花をフレーミングし た定番的な写真 下の画像は 遊歩道沿いに咲く桜とその影を取り込んだもの 普通なら まず風景写真としては扱わないが 木立の影が印象的だったので積極的に取り込んでみ



【本部町八重岳のカンヒザクラ  沖縄県 2012月】 
 日本で一番早く咲くサクラが 沖縄のカンヒザクラ 1月末から咲き始め 2月いっぱい楽 しめる ソメイヨシノとは違って 淡いピンク色の花びらが特徴である サクラ見学の名所と しては ここ八重岳が一番であるが 沖縄には花見と言う風習が無いようで 花見客の姿 はほとんど見られない 八重岳では中腹までの道路が整備されており 道の両側に植えら れたサクラが 中腹まで見事なサクラ並木を形作っている 訪れた日は雨が降ったり止ん だりと 絶好のサクラ撮影日和で 雨にしっとり濡れたピンクの花びらが 目にも鮮やかで あった サクラの名所はここ以外にも 名護中央公園や今帰仁城跡など 名護市や本部 町のあちこちにある 



【琵琶湖北岸の雪景色  滋賀県 2012月】 
 「かやぶきの里」の帰途 大原三千院に立ち寄り 美しさで定評のある庭園の撮影を楽 しんだ ここは新緑と紅葉の時期が最も美しく三千院の定番写真となっているが 雪景色 もなかなかきれいである その後 上手い京漬物を期待して「大原里の駅」をのぞいてみ ると ほとんどが地元農家の手作りである すぐき 柴漬け 千枚漬け 佃煮 などが所狭し と並んでいた ひっくり返して裏をみると メーカー製品のような添加物が一切使われてい ない おまけに値段もかなり割安で すぐきなどはメーカー製品の半額程度の激安である  保存料が使われていないので消費期限は短いが 思わず持ちきれないほど買い込んで しまった(家で食べたが味も最高であった) ここは京漬物の穴場と分かり 京都撮影の時 にはまた立ち寄ろうと決心する 里の駅を後にして朽木谷を北上し 琵琶湖北岸にある道 の駅「あどがわ」にて車中泊とする 湖北の雪景色の美しさには定評があるので 明日の 早朝撮影のための車中泊である 湖岸沿いにはたくさんの公園があり 駐車場も整備さ れているので アプローチも安心である 浜辺沿いにはポイントとなるような樹木が立ち並 んでいるので 作品造りもしやすい
 あくる日の早朝 少し到着が遅れたが雲間から太陽が顔をのぞかせて雪に光が当たっ た瞬間には間に合い その瞬間をとらえたのが下2枚の画像である 太陽が山の稜線か ら出た瞬間に光が当たればもっと色がついたと思うが そのような好条件に遭遇するのは めったにない この日は湖面にうっすらと「けあらし」も出現する好条件であった 「けあら し」は湖面全体を覆うほど出現することもあるので 光が湖面に当たるまで待機することも 重要である  



【美山町「かやぶきの里」の雪景色  京都府 2012月】 
 冬らしい雪景色を撮りたいと 大雪警報が発令された美山町「かやぶきの里」に車を走 らせる しかし「里」に着いても ほとんど雪がない がっかりして最寄の道の駅で車中泊と するが 5時前に目覚めると辺りは50cmほどの積雪である 4WDスタッドレスを慎重に運 転し「里」にたどり着く 駐車場には入れないので道路脇に車を止め 除雪前に撮影した のが下の写真である この後すぐに除雪が始まり ピュアな雪景色は撮れなくなった 当 日は雪が降ったり止んだりと 撮影には絶好の天候 雪が降り始めたときにストロボを照 射して撮影したのが上の画像である 結果をモニターでチェックしつつストロボの光量やS 速度を調整しながら何枚も撮影する 撮影結果がすぐに確認できるのがデジタルの有り 難さである
 「かやぶきの里」は中に入ると部分撮りするしかなく むしろ外側から上手く家並をフレー ミングした方が良い結果が出るだろう 「里」を一望したければ 北東側の鎌倉社の高台 からが良い ここからは白川郷の城山展望台のように里の全景を展望出来るが 残念な がら電線が目の前を何筋も横切っているため 風景写真としては扱いにくい 電線を取り 払えば もっともっと観光客やカメラマンが訪れ 「里」の宣伝にもなるのにと 残念に思う  展望地は西側の鉄塔下にもあるが アプローチには覚悟が必要である



【薄明の室戸岬岩礁  高知県 2012月】 
 室戸岬では,形の良い岩礁に向かって大波が常に打寄せている。それを見て波を霧の ように写す長秒撮影に写欲がわいてきた。岩礁をバランスよく配置できる立ち位置を決 め,ピントを合わせ日没を待つ。肝心なのは長秒露出の間,ぶれないように三脚の先端 を砂浜にグッと押し込んで安定させること。また,暗くなると瞳孔が開くので,液晶モニター の明るさを一段下げて露出を合わせることが肝心となる。日没後の闇の進行は意外と早 い。背後のモニターで露出をチェックしながら,露出時間とフレーミングを微妙に変えて撮 影した。撮影中,都合よく沖合いを船が通過してくれた。



【新舞子浜の大規模デューン  兵庫県 2012月】 
 かねてからの念願であった瀬戸内海は新舞子浜のデューン模様の撮影に向かう 大潮 前後の干潮と夜明けが重なる頃が撮影日和となる 夜半に到着した撮影ポイントは 三脚 で立錐の余地なしである あらかじめ予想していたことなので 脚立を持ち込んで行列の 背後から撮影する 当日は最良の条件ではなかったが まずまずの写真が撮影できたの で満足する 撮影後 地元の写真家O氏に声をかけられ,新舞子浜での撮影ポイントやい ろんな被写体を教えていただき あまつさえ資料までいただいた この後 瀬戸大橋を経 て四国方面への撮影に向かった



【長串山公園からの九十九島夕景  長崎県 201111月】 
 五島列島を後にして佐世保に上陸。そのまま平戸に向かう予定だったが,久しぶりの晴 れとなり,予定を変更して夕景を撮影することにする。地図をみると長串山公園が目に入 った。たしかここはツツジと海の撮影地だと思い出す。車を飛ばして公園に到着し,立ち位 置を決め,大まかなフレーミングを整えて日没を待つ。予想外に雲の形が良いので,広角 レンズに交換して思いっきり空を入れ込むことにした。思ったほど雲は赤くならなかった が,かねてから気になっていた長串山公園のロケハンもすることが出来たので,満足して 平戸に向かった。



                                                               
このページのトップへ

トップページへ