←その5                                                                その7→

 ≪ 日本列島四季百彩 U その6≫


【岩木山桜林公園の桜   青森県2012月】 
  青森県には桜の名所が多い  あまりにも有名な弘前城公園は別格として ほかにも 太宰 治ゆかりの芦野公園 岩木川河川公園 日本一長い桜並木道路 そしてここ岩木 山桜林公園などがある  桜林公園の桜はソメイヨシノ 訪れた日は濃い霧が公園全体を つつみ 幻想的な雰囲気であった  公園を横切る石段沿いの桜並木は特に見事だった (上の写真)  下の写真は 立ち並ぶ桜の幹の遠近感 リズム感のバランスを考えて構図 したもので そこに霧が絡んで いい雰囲気だった  次の日の朝になると霧も消えて 平 凡な光景となっていた  公園の桜は雑然と植えられており 構図を整えるのが難しい   ただ快晴日には 背後に残雪をいただいた岩木山が望めると言うから 機会があればぜ ひ再訪したい場所である ちなみに 近くの日本一長い桜並木は花びらが濃いピンク色の 大山桜で ほとんどが若木であった  




【紫雲出山(しうでやま)の桜   香川県2012月】 
  桜越しに瀬戸内海を撮影できることで知られた場所である  日程の都合で紫雲出山 に向かったのは日曜日になってしまい そこそこ人出はあるとは思っていたが 山頂まで 車が数珠繋ぎの上に道は狭く 駐車場に入るまで1時間以上かかってしまった  そこから 1kmほど歩いて展望台につくと すでにカメラマンで一杯である  ここの展望台はスリット 状に開口しているので 脚立に立ってカメラマン越しにファインダーをのぞくと フレーミン グできる範囲が限られてしまうことが分かった  ここで撮影された写真が どれもこれも ほとんど同じフレーミングとなってしまうのは しょうがないと納得する  つまり 満開の桜 と快晴の2条件に恵まれた日に撮影すれば 一回来れば十分であり  むしろ展望台の周 囲にも好ポイントがいくつかあるので そこから撮影するのも良いだろう



【西村大師堂の桜   愛媛県2012月】 
  ホテルロビーのポスターでこの桜を見つけた  菜の花と桜の組み合わせを撮影でき る一本桜は 福島の「合戦場の桜」「芹沢の桜」「小沢の桜」など幾本か出会ってきたが  根元一面に菜の花を敷き詰めている桜は初めて出会った  そのユニークな姿に魅了さ れたので所在地を教えてもらい 中越家の桜の撮影を終了した午前8時過ぎ 急いで撮影 に向かった  山腹斜面の九十九折の坂道を30分ほど注意を払いながら車を運転して到 着すると 現地では桜祭りの真っ最中だった  全国区の中越家の桜の方はほとんど見 物客もカメラマンも姿を見なかったが 大師堂の桜には次から次へと見物客とカメラマン が訪れ 昼過ぎには駐車場も一杯となってしまった  どうやら地元では知る人ぞ知る桜ら しい 残念なことは当日が曇り空だったこと  これが青空快晴だったら言うことなしだった   結局 撮影は桜を一周するほど熱が入り 次の撮影地に向かったのは午後1時過ぎに なっていた  



【中越家の枝垂れ桜   高知県2012月】 
  いかにも枝垂れ桜らしい枝垂れ桜が この中越家の枝垂れ桜である  現地到着は午 後遅かったが 小雨の中 霧が湧いたり消えたりと 雰囲気のある景観であった(下の画 像) 次の朝は曇天で 中途半端な天候であったが 一瞬 柔らかい朝の光が桜を照らし てくれた 上の画像はその瞬間にシャッターを押し続けたうちの一枚である ちょうど満開 であったが カメラマンの姿はほとんどなく ゆっくりと撮影できた 



【しまなみ海道の桜風景2-積善山からの展望- 愛媛県2012月】 
  しまなみ海道の桜絶景地には 開山公園のほかに 岩城島の積善山がある  夜明 けの桜撮影を開山公園で行ったあと しまなみ海道高速道を走り 来島海峡大橋や多々 羅大橋などを桜とからめて撮影した後 午後3時ごろにフェリーに乗船して岩城島に渡った   積善山は開山公園の画像(桜風景1の上の画像)に見える富士山のような山で 車の すれ違いに注意が必要なほどの狭く曲がりくねった道路を登っていく  はたして本当に展 望台があるのか不安になるころに 案内板があり少しホッとする  道路の行き止まりに は車が10台ほど駐車できる空き地があり 四国や近畿各地のプレートナンバーの車が停 まっていた  ここから展望台までは数100mのきつい登り坂である  息を切らして到着し た展望台には すでに10数人のカメラマンがスタンバイしていたが 思ったよりも数は少な く 三脚を立てる位置はすぐに確保できた  天候は晴天快晴の好条件であるが 何もさ えぎるものがない山頂なので 風が猛烈に強く 4月とは思えないほどの寒さであった
  しばらくすると 朝 開山公園で一緒になった母子連れがやってきたので 少しびっくり したが たずねると「ここの展望台は朝は光が当たらないので 夕景が良い」とのことであ る  これを聞き 夕方にやってきたことに神に感謝し 翌朝撮影の取り止めも決心する   太陽がだいぶ傾いたので いつものようにライブビュー撮影にセットし 5倍拡大でピント を合わせ あとはハーフND4を使用して上下の露出調整を行いながら 適宜 シャッター を押す  こうするとまず 撮影中のブレは生じないしピントもバッチリである  ただ風が 強いので ISO400にし 絞りを少し浅くしてシャッター速度をかせいだ  今日は青空なの で空を大きく入れて撮影したのが下の画像である  日没後しばらくそのまま待機したが  小焼けもなさそうなので 母子連れに別れを告げて 再びフェリーに乗船し 一日を効率よ く撮影できたことに満足しつつ しまなみ海道から四国方面に渡ったのでした 



【しまなみ海道の桜風景1-開山公園からの展望- 愛媛県2012月】 
  しまなみ海道の中ほどに伯方(はかた)島がある  その伯方島の開山公園は 桜越 しに瀬戸内海を望むことが出来る絶好の桜撮影ポイントとして知られている  前日の夕 方 ロケハンをかねて公園を訪れ あちこち撮影ポイントを探ってみたが 結局 公園の 最高位置にある展望台からがベストであることが分かった  ここからは360度の展望が 得られ 伯方島はもちろん 瀬戸内海に点在する 大島 大三島 大三島大橋を見ること が出来 文字通り絶景である  桜もちょうど満開であり あとは明日の朝の天候に恵ま れることを祈るのみである 次の朝 夜明け前に展望谷に到着するとすでに先客が2名い た その一人は雑誌等でよく見るプロカメラマンのS氏であった  更には 昨夕に知り合 った母息子(らしい)二人が到着する  三脚を並べ夜明けを待つ  久しぶりに風景写真 らしいカットを撮影できる予感に胸が高鳴る  やがて太陽が地平線から顔を見せ 辺り がピンク色に染まってくる  フレーミングに集中し ハーフND4を使用して露出の差を調 整しながらシャッターを押し続ける  上の画像は最も朝陽に染まったときのカットである   画像に見える富士山のような山は 積善山であり しまなみ海道のもう一つの桜撮影の 絶好ポイントである  その後 展望台の反対側に移動し 大三大橋をポイントにしたカッ トを撮影する(下の画像)  いかにもしまなみ海道らしいカットを確保したいと思ったからだ   ちなみに このカットを撮影したのはその場にいたカメラマンのうち 私だけであった



【宮島の桜風景  広島県 2012月】 
  今年の桜撮影は1月末の沖縄からスタートし 3月の伊豆半島 4月のしまなみ海道か ら四国方面 そして4月から5月にかけて東北地方へと転戦した しまなみ海道方面へは 桜の開花状況をにらんで広島県側から入ることにして まずは桜の名所である宮島を訪 れた 宮島には今年の大河ドラマ「平清盛」とゆかりの深い厳島神社がある 厳島神社は 日本三景の一つでもあり また世界遺産にも登録されている世界的な名所  桜撮影とか らめてぜひ訪れたかった場所だった
  出かける前に 最も定番的な風景を撮影できる展望台を下調べで押さえておき 撮影 したのが上の画像である  桜も満開 天気も晴天快晴のベストで 最高の条件で撮影す ることが出来た 下の画像は上の画像の右手奥に見える五重塔  宮島は神仏混合の地 で 神社と寺院が複雑に入り混じっており この五重塔も厳島神社のすぐ隣にある  厳 島神社はさすがに素晴らしい建築物であり 本殿の正面に立つ大鳥居もさすがの迫力で あった



                                                               

このページのトップへ

トップページへ