≪ 日本列島四季百彩 U その7 ≫

←その6                                                                     その8→


【紀伊半島田原の日の出  和歌山県 2012年12月】 
  紀伊半島西部の日高川層群や田辺層群の地質写真の撮影の帰途 海霧で有名な田原に 立ち寄った  当日の朝は快晴青空で 水平線までキッチリと見通せる絶好の撮影条件だった   めったにないチャンスであり 運がよければダルマ太陽も望めるのではないかと思い  400mmレンズに2倍のテレコンを装着して800mmの超望遠レンズとし 太陽を目一杯大きく写す ことにした  動画にするか静止画にするか迷ったが 静止画は以前撮影したので 今回は動 画撮影に決めた  一番気を使ったのが太陽が顔を出す位置である  もっとも空が明るくなる 位置に狙いを定めたが 太陽だけでは構図が単調になるので 脇役として形の良い岩礁を配置 した  そのままじっと待ち構えたが何とかセンター近くに収めることが出来た  さらに幸運なこ とは 太陽がダルマになったこと 光が海面に当たると けあらしが海面から立ち昇り 幽玄な 雰囲気となったことである 上二枚の画像は 撮影した動画から静止画として切り出したもので ある  画像の解像度がやや低く 画面が横長になっているのはそのためである   
  海霧田原の日の出1      海霧田原の日の出2  


【月山の紅葉七ッ滝  山形県 2012年10月】 
     月山のふもと田麦俣に日本の滝百選の一つ 七ッ滝がある  七つに分かれた瀑布と 紅葉や新緑の美しさで知られた滝である  5〜6年前に訪れたときには展望台からの見晴らし が悪かった記憶があったので 撮影する予定はなかったが 時間に余裕があったので訪れてみ た  意外なことに 滝の全景が見通せるように 展望台前の草木はきれいに伐採されていた   紅葉もちょうど見頃であり 雨に濡れた紅葉も色鮮やかであった
     雨の日の午後 そして次の日の朝と 二日にわたって撮影した  上の画像は初日に 撮影したもので 繊細に分岐した瀑布を表現するために 前景にもみじを入れ込み滝のほぼ全 景をフレーミングした  下は次の日の画像で 雨で増水した滝は 一枚の瀑布となって勢い良 く落下していたので その豪快さを表現するために70-200mm望遠レンズのアップ画像としてフ レーミングしてみた
     どちらも動画を撮影しているので 映像も楽しんでいただきたい
  月山の七ッ滝の動画1      月山の七ッ滝の動画2  


【月山ふもとの紅葉池  山形県 2012年10月】 
    「月山ふもとに紅葉がきれいな池がありますよ」と ふぉとくらぶ 遊 から情報をいただいたので 不動滝を撮影したその日の夕方 さっ そく訪れてみると ちょうど見頃の紅葉に囲まれた静かな池が出迎えて くれた  その日に撮影したのが左の画像
     次の日は青空快晴となり もっと色鮮やかな紅葉が撮影できる だろうと期待し 予定を変更して午後再訪した  思った通り 西日が強 烈に当たっており 紅葉はいやがうえにも赤みを増していた  加えて  その日は風が強く 紅葉が盛んに散っていたので それを写し込もうと 試みたが 静止画では上手くいかなかった(上の画像)  そこで動画撮 影に切り替え 何とか写すことが出来たので そちらをご覧いただきた い       下の画像は 池面への写り込みが色鮮やかだったので  300mmの望遠レンズで撮影したもの


紅葉池散り紅葉の動画


【蔵王エコーラインの不動滝  宮城県 2012年10月】 
   蔵王山南を東西に 宮城と山形を結ぶのが蔵王エコーライン  宮城側には三階の 滝と不動滝の名瀑がある  どちらの滝も観瀑台があり 紅葉の季節には観光客でにぎ わう  上の画像は 両方の滝を望める滝見台から不動滝を遠望したもの  三階の滝も なかなかの名瀑布であったが 朝陽が当たらない位置にあったので ちょうど朝陽が差し 込み始めた不動滝を掲載した  ここの滝見台は広いが 前に繁茂している草木がフレー ミングの邪魔となるため 三脚を立てるベスト位置はごく狭い範囲に限られてしまう  下 の画像は滝見台から500mほど上手の滝見台から撮影した不動滝  紅葉は少し早かっ たようである       



【乗鞍岳エコーラインの紅葉  長野県 2012年10月】 
   「今年の乗鞍の紅葉は当たり年」との情報を「ふぉとくらぶ遊」からいただいたので さ っそく車で現地に向かう  エコーラインは風景写真を撮り始めた頃に訪れ 畳平から大 雪渓で素晴らしい夜明けに遭遇し 感激した場所である  残念ながらエコーラインは そ のあと一般車通行止となってしまい 再訪する機会がなかった 現地に立つと 大雪渓の ナナカマドは見頃を過ぎていたが 宝徳霊神から冷泉小屋辺りまでは紅葉は見頃であっ た  幸い晴天快晴の下 大雪渓から位ヶ原山荘まで のんびりと 久しぶりに紅葉風景 を撮影できた  光は午前中がベスト 気をつけたのは乗鞍での撮影を意識してフレーミ ングしたことである  
動画の1  動画の2  動画の3  動画の4  動画の5  動画の6



【幌加内町のそば畑 1  北海道 2012年8月】 
   幌加内町のそば畑は掛け値なしに日本一の広さである  中でも政和地区と幌加内 地区には見渡す限り純白のそば畑が広がっている  南会津地方のそば畑も何度も通っ たが 広さは問題なくこちらが上  広大な田畑がそばの白い花で埋め尽くされている光 景は 日本ではここでしか見られないだろう  ただ残念なことは 9月にならないと朝霧が 出ないことで 満開の時期と霧の時期に一月以上のズレがあるため そばに霧をからめ た幻想的な風景は 撮り難いことである  雨の日 曇りの日 晴れの日 それぞれ撮影 したが ここでは晴れの日に撮影した4枚の画像を掲載した 天候が悪く 北竜町のひま わり畑を行ったりきたりして 結局のところ1週間ほど晴れ待ちとなってしまった
        そば畑動画の1       そば畑動画の2




【四季彩の丘とファーム富田 北海道 2012年7月】 
   四季彩の丘は5月から花が咲き始め 7月になって花の絨毯が完成する  青空待ち をして訪れたのは7月末で 期待通りに花の絨毯が出来上がっていた  ファーム富田の お花畑も赤いポピーがポイントになるので 満開の時期を狙って訪れたが少し遅かった   撮影中にラベンダーの刈り取り作業が始まったのは幸運だった     
四季彩の丘動画の1     四季彩の丘の2



【北竜町ひまわりの里 北海道 2012年7月】 
   ひまわりもあちこち撮り歩いたが 掛け値なしに日本一広いひまわり畑である  見 渡す限りひまわりとはここのこと  7月下旬から8月いっぱい楽しめるように 畑ごとに種 蒔の時期をずらして栽培している  残念なことは畑を俯瞰できるような展望台がないこと   
   撮影するなら8月に入って花が咲きそろってからが良いようだ  ただし北海道は晴 天快晴の日が少ないので 青空とひまわり と言ったイメージ写真を撮影するには天候待 ちを覚悟した方が良いだろう  撮影は日の出から午前10時ぐらいまで  それ以後にな ると光が左からのサイド光となって ひまわりが汚く写ってしまうのだ
ひまわりの里動画の1   ひまわりの里動画の 2    ひまわりの里動画の3

                                                                         
                                                      


このページのトップへ

トップページへ