≪ 日本列島四季百彩 U その8 ≫


←その7                                                     その9→


【山中の湿原   2013年7月】 

  山中で偶然であった湿原である  岩石の集積の上にビッシリと緑色の苔が覆っていた   シンと静まり返った山中で出会った不思議な光景であった <動画あり>



【四国の桜の不動の滝  香川県 2013年3月】 
  
  滝と桜をバランスよくフレーミングできる場所は意外と少ない  桜の写真展には ぜひ桜と 滝を組み合わせた作品を入れたいと思い あちこち検索して香川県三豊市の不動の滝によう やくその可能性を見つけた  訪れてみると滝は公園の奥にあり 滝前面の道路沿いに桜並木 がある(下の画像)  これだとただの観光写真なので 滝に近づいてみるとその左側には 瀑 布のすぐそばに一本のソメイヨシノが咲いていたので さっそく撮影した(上の画像)
  この滝は上流で水をトラップして流す半人工の滝らしく 9時過ぎになると急速に水量が多く なる  したがって撮影は9時過ぎまで待っていた方が良い  なお滝そのものも谷間奥に落下 しているので なかなか光が当たらないので注意したい   <動画あり>



【四国の桜の松山城  愛媛県 2013年3月】 
  
  撮影のためにお城もあちこち訪れたが 桜と天守閣のバランスが美しい城を独断と偏見で 選べば 福島県の鶴ヶ城(会津若松城) 青森県の弘前城 北海道の松前城 そしてここ松山 城である  ほかにも 名古屋城 大阪城 彦根城 犬山城 なども桜が美しい城である
  これらの多くの桜は 明治維新によって武士階級と諸藩が消滅し 多くの城が廃止されて荒 れ果てたさまを見かねた旧藩士たちが明治時代に植栽したものである  したがって城の花見 は昭和に入って日本各地で始まったもので これは日本の新しい風景と言える  
  さて松山城の桜は 天守閣広場に集中して植えられている  花見客が多数訪れるが 彼 らをフレーミングからはずし 天守閣と桜を撮影するのはさほど難しくはない
  画像は 早朝の撮影中に急速に青空が広がる絶好の条件となってきたので 広角レンズで 画角を広くして青空を取り入れ さらに天守閣の上に満開の桜をかぶせて遠近感を演出した   真ん中下に天守閣を置き 桜を放射状に配置して 視線を天守閣に集まるように画面構成し ている  ピントは天守閣に合わせ 絞りは11まで絞り込んだ  気をつけたいのは 広角レン ズの特性を生かそうと 主題となるべき天守閣を小さくし過ぎないこと 
  ちなみに画像下は花見客でいっぱいである  <動画あり>



【四国のひょうたん桜  高知県 2013年3月】 
  
  四国の一本桜と言えば第一に挙げられるのがひょうたん桜である  昨年は「中越家の桜」 を撮影したがひょうたん桜はすでに散っていたので ことしこそと思い 満開時期に注意していた が 九州の西都原公園の桜とほぼ同時に満開になってしまった  
  そこで 西都原公園の撮影を11時頃に切り上げ ぞのまま一路北上して 臼杵港発午後5時 半の四国八幡浜行きのフェリーに乗船し 仁淀川町に到着したのは夜9時過ぎになっていた   次の朝は寝過ごしてしまい 現地到着は8時過ぎになり 遅かったかと心配したが 桜は西向き で日が当たり始めるのは9時ごろからと聞いて ホッとする
  当日は晴天快晴で 9時過ぎに天辺に日が当たり始め 次第に全体に日が回り始めた  カ メラマンの数はさほどではなく 思い通りのポジションを確保できたが 日が下に回るにしたがっ て 立ち位置を下に移動しながら撮影した  日陰のときは貧相な桜だと思ったが 日に照らさ れて見ると堂々たる一本桜であり 下に植えられた菜の花との調和が美しい桜であった



【春満開の賀名生梅林  奈良県 2013年3月】 
  
  奈良の梅林と言えば賀名生(あのう)梅林である  県南部の五条市に所在しており 2月下 旬から3月下旬にかけて 山地の麓から中腹まで2万本の梅が咲き誇る  梅林の中には生産 農家があちこち点在しており 観梅用の梅林と違う里山風景が展開しているのが ここの梅林 の特徴である
  梅林斜面は北向きなので 朝陽は9時過ぎぐらいから当たり始める  次第に太陽の光が梅 林に当たっていく様を狙っての撮影もよいが やはり朝霧を絡めた風景であろう  そのために は雨上がりの翌朝 出来れば晴れの朝が良い  上の画像はその条件を狙って出かけて撮影 したもの  霧の状態はいま一つであったが 何とかしっとりとした早朝風景を撮影出来た  
  梅林は 賀名生梅林から下市方面に向かうフルーツロード沿いにも 見事に育成されている ので そちらを狙っての撮影も良いだろう 



【名古屋城の雪紅葉  愛知県 2012年12月】 
  
  今年の冬の訪れは早い  京都の紅葉撮影から帰って 12月に入ると名古屋もすぐに雪で ある  早速カメラを担いで 名古屋城に向かった  目的は降りしきる雪を天守閣に絡めての 動画撮影である  その帰り二之丸庭園を通りかかると カエデ紅葉が真っ盛りであった
  まさか紅葉が残っているとは思っていなかったので 雪と紅葉を絡めて撮影できる最高のチ ャンスだと興奮する  出来るだけきれいに紅葉している枝振りをフレーミングし シャッター速 度をいろいろ変えて 何枚も何枚も撮影した(上の画像2枚)  

                                                        
このページのトップへ

トップページへ