≪ 日本列島四季百彩 U その9 ≫


←その8                                                                    その10→


[2013年近江国教林坊の紅葉2景  滋賀県 2013年11月】 
  
  教林坊は近江八幡市安土町にある天台宗の仏教寺院  近江出身の小堀遠州によって安 土桃山時代に作園された池泉回遊式庭園がある  白洲正子の「かくれ里」で紹介されたり  紅葉の季節にはテレビ番組でたびたび紹介されたりして 一気に有名になった古刹である
  実は自分も最近までその存在を知らなかったが 話には聞いていたので百済寺の撮影の あと 午後に訪れてみた  お寺に近づくと 旗を持った交通整理のおじさんたちが何人かいる のには驚いた 確かに車のすれ違いも難しいような細い道の先に教林坊があった 
  庭園の紅葉は 赤色のカエデ紅葉に黄色のカエデ紅葉が適度に配置されており メリハリ があって実に美しい 回遊式の庭石の配置とそれを覆うコケ類も素晴らしかった  母屋の縁 側に腰をかけ 庭園をじっくりと眺めたい  ここは 散り紅葉の時期に訪れることを進めたい   
  今日は鶏足寺⇒百済寺⇒教林坊と三箇所の紅葉を効率よく撮影でき 大満足の一日であ った



[2013年近江国百済寺の紅葉2景  滋賀県 2013年11月 
  
  琵琶湖東岸は湖東と言うが ここには湖東三山と呼ばれる名刹がある  西明寺 金剛輪 寺 そしてここに掲載する百済(ひゃくさい)寺である  百済寺の紅葉のポイントは喜見院庭園 と本堂に至る石垣参道である  庭園の紅葉もなかなかのものであるが 参道の散紅葉は更 に味わい深い(上の2枚の画像)  掲載した画像は下の鶏足寺の撮影を切り上げた後に 直ち に高速道を飛ばして撮影したものである  なお紅葉見頃は 参道の方が庭園より10日前後遅 くなるので注意したい



[2013年近江国鶏足寺の紅葉2景  滋賀県 2013年11月】 
  
  琵琶湖北部木之本の鶏足(けいそく)寺は 昭和初期に焼け落ち 現在では参道のみが残さ れた廃寺となっているが 参道沿いの紅葉の美しさで知られており シーズン中には多くの観光 客が訪れる  鶏足寺の紅葉の見所は 落葉した真っ赤なカエデが絨毯のように敷き詰められ た参道である(上二枚の写真)
  このシーンを撮影するためには 雨風の翌朝に出かけることが絶対条件となる  今回の 撮影も 風雨の翌朝に出かけて撮影したもの  現地には夜明けとともに到着したのだが 驚 いたことに すでに10人ほどが三脚を立てており 撮影にはしばらく順番待ちをする羽目に陥っ た  とは言え 各自いろんなカットを撮影したいので 10分もすれば場所を移動するので 待 ちさえすれば三脚を立てる位置は確保可能である  ちなみに撮影には脚立を携行し より高 いアングルから撮影した方が良いだろう



[2013年近江国永源寺の紅葉2景  滋賀県 2013年11月】 
  
  滋賀県には紅葉の名刹が沢山あり その中でも永源寺の紅葉の美しさはよく知られている   永源寺は 室町時代初期に創建された 臨済宗永源寺派の禅寺である  永源寺には風 景写真を始めた頃に所属していた写真クラブの撮影会で訪れたが 何を撮影したのかまったく 記憶にない  ただ三脚を使用出来なかったことだけは記憶している
  紅葉名所の有名寺院は紅葉狩りの観光客が殺到するので 撮影は開門から30分ほどが勝 負である  今回も開門を待ちかねて境内に入り 急いで撮影したのが上二枚の画像である   この時間帯をすぎると フレーミングから人をはずすのが難しくなるので もっぱら望遠レンズ を上に向けて紅葉のアップ写真を撮影する羽目に陥る  多分前回訪れたときも この手のア ップ写真ばかり撮影したのだろう
  確かに紅葉は手入れの行き届いた寺院の方が 自然の紅葉より色づきも形もはるかに綺 麗である  しかしそれでは 寺院や庭園の撮影に来た意味がないことを自覚するようになった   今では積極的に紅葉周辺の要素を取り込み 寺院や庭園の雰囲気を生かすように画面構 成することが肝心だと思っている その方が 記憶に残る作品を作れるのだから
  上の画像は紅葉を主役にし 互いに直角に交差している石畳を脇役に画面を構成して 永 源寺の雰囲気を写しとめた  欲を言えば光が当たれば画面にメリハリがついたのだが 人が 入らない瞬間に急いでシャッターを押さざるを得なかった  下の画像は山門手前の紅葉並木 である  赤や黄色など色とりどりの紅葉が朝陽に照らされて美しかったので 山門と合わせて 画面構成した  何年か経ってこれらの画像を見直したとき 紅葉の永源寺の記憶がよみがえ るだろう



[2013年北口本宮富士浅間神社の紅葉風景2景]  山梨県 2013年11月】 
  
  今年世界遺産に登録された富士山  最近撮影していないので 紅葉が見頃の時期を見計 らって出かけた  富士は天候次第なので 運がよければ程度の期待にとどめ 世界遺産構成 要素である富士周辺の浅間神社や 溶岩樹型 風穴 氷穴 湧水ポイントなどを下調べして現 地に出かけた  3泊してきれいな富士山を撮影できたのは一日だけだったが それ以外の時 間は あつこちの浅間神社や湧水地の撮影に費やした  上の画像は河口湖近くの北口本宮 富士浅間神社の紅葉である  ちょうど雨模様の朝となり 境内には見事な散り紅葉の絨毯が 見られた  下の画像も同じ境内の画像であり ここでは真っ赤なカエデ紅葉が印象的であっ た  ここの富士浅間神社は 国際観光ツアーに組み込まれているようで 9時近くになると次 から次へと世界各地からツアー一行がやってくる  撮影や参拝なら それまでに済ませること をお勧めする   



[2013年上高地の紅葉2景]  長野県 2013年10月】 
  
  久しぶりに上高地に一泊二日の予定で撮影に出かけた  カラマツの紅葉はほぼ最盛期で あった上に 晴天快晴にも恵まれ 二日目朝には放射冷却となる気温変化の激しい二日間と なり 絶好の撮影日和となってくれた  二日目朝には 夜明け前に河童橋に三脚を立て 穂 高連峰に朝陽が当たる様を刻々と撮影した  あたりが明るくなると 梓川からけあらしが立ち 昇り それが付着したカラマツに霧氷が発達しているのに気がついた  
  晩秋の上高地風景の撮影を堪能でき 大満足の二日間であった
  上の画像は 初日夕暮れのショットで 突然の雲によって山頂付近に霧氷が着き そこに夕 陽が当たった瞬間をとらえたもの  下の画像は霧氷のカラマツである  二日目早朝に撮影し たもので 下の部分には状況を説明するため けあらしが立つ梓川の川面を少し入れ込んだ
 <動画あり>



[2013年信州の紅葉2景]  長野県 2013年10月】 
  
  上の画像は北アルプス栂池自然園での撮影 下の画像は南アルプス千畳敷カールでの撮 影である  いずれも標高2000m以上の高所にあり 信州でいち早く紅葉し 多くの観光客が 訪れる場所である  今年の紅葉は平年並みの出来で 時期も平年並みとのことである  上 の画像では単調差を避けるために 手前の紅葉を少しかぶせた  下の画像では右の空間に 浮かぶ雲の形と位置に注意を払ってシャッターを押した


[夏の四国カルスト2景]  愛媛県・高知県 2013年7月】 
  
  日本の三大カルストは 山口県の秋吉台カルスト 福岡県の平尾台カルスト そしてここ四 国カルストである  このカルストは 日本列島の秩父帯に属する石灰岩巨大岩体で 太平洋 プレートが中生代にユーラシアプレートに潜り込む際に大陸側に付加したもの  その後 何億 年もかかって海底から隆起し 今の標高1300-1400mの脊梁山脈に露出するようになったもの である
  四国カルストは 夏7月でも朝夕はひんやりと涼しいので 避暑目当ての観光客やハイカー が多く訪れる  また広い公共駐車場もあるので 車中泊を楽しむマイカー族も多い
  撮影はもっぱらカルストを横断するメインロード沿いで行うが ギザギザした形の石灰岩カレ ンフェルトや草をはむ牛が良き被写体となる  訪れた7月にはちょうどハンカイソウの黄色の 花が満開であり これも良き被写体となってくれた  カルストは高山にあるためか 霧に囲ま れながら撮影しながら下の方を見ると 日が射しているのが分かるように 天候が目まぐるしく 変化する場所である
  上の画像は 面白い形の雲を主役にして四国カルストの雄大さを演出したもの  下の画像 は 霧につつまれたハンカイソウを主役にして幻想的な景観をとらえたものである     
                                                                         
        
 
このページのトップへ

トップページへ