≪ 日本列島四季百彩 U その10 ≫


←その9                                                     その11→


[2013年山城国宝厳院の紅葉2景  京都府 2013年11月】

  宝厳(ほうごん)院は臨済宗天龍寺の塔頭のひとつで 春の新緑と秋の紅葉の時期には特別 公開されている  院内の回遊式山水庭園はしばしばテレビ中継されて 庭石や苔 紅葉と新 緑の素晴らしさが知られるようになり 拝観者の数はうなぎ登りで増大している  拝観は今年で 二回目であり 昨年は紅葉には遅かったので ことしは見頃の時期に訪れた  庭園の美しさは 予想以上で 紅葉自体の美しさはもちろんであるが 赤や黄色のカエデ紅葉が緑の苔に落葉し た美しさは筆舌に尽くしがたかった  もちろん拝観者の数は半端ではなかったが 遊歩道以外 は一切が立ち入り禁止なので 人をはずして撮影するのは意外と簡単であった  もちろん三脚 は禁止であるが もたもた撮影しているとハタ迷惑となるので 手早い撮影が求められる             



[2013年山城国天竜寺の紅葉2景  京都府 2013年11月】

  天竜寺は室町時代初期 夢窓国師によって創建された臨済宗の禅寺であり 京都を代表 する寺院の一つ  天竜寺には紅葉や桜の季節に訪れてきたが 天候に恵まれず 天竜寺の 解説にある「嵐山を借景にした曹源池」の意味が分からなかった。今回初めて晴天快晴の早朝 に撮影することができ 池の背後に嵐山が見えることが分かり 先の文章の意味が分かった
  当日は 夜明けとともに渡月橋の撮影を行い 頃合を見計らって 7時半からの早朝参拝で 即境内に入った  晴天快晴のもと 曹源池のたもとでカメラを構え(もちろん三脚禁止) 朝陽 が次第に差し込んでくる様子をフレーミングをいろいろ変えながら撮影したのが 掲載した画像 である  毎年通っている人の話では紅葉は盛りをやや過ぎているとのことであったが 名古屋 から来たことや天候に恵まれたことを考えると ベストに近い条件であったと思う  大満足して 撮影を終了し 次の撮影地である嵯峨野方面に向かったのでした            
(手前の日陰の部分には霜がついていることに注意)



[2013年山城国地蔵院(竹の寺)の紅葉2景  京都府 2013年11月】

  地蔵院は南北朝時代に細川頼之が創建した臨済宗の古刹である  嵐山近くに所在し 竹 の寺の別名があるように境内は竹林に取り囲まれている  その前面にバランスよく配置され たカエデ紅葉が美しい(上の画像)  一通り境内を撮影して入り口の山門を出て 最後の撮影 を行った(下の画像)  ここは地蔵院の定番撮影地であるが 終日日陰なので 境内に比べ紅 葉の進み具合が遅くなっている  
  境内はもちろん三脚使用禁止で 入り口の拝観窓口でそのむねを念押しされる  境内で は人影があまりなかったので三脚を使おうと思えば使えるのだが 監視カメラが必ずあるので  ご注意を!  



[2013年山城国十輪寺の紅葉2景  京都府 2013年11月】

  写真を始めた頃 京都や奈良の寺院仏閣の撮影にあちこち出かけたが 今から考えると  ただ撮影していただけのような気がする  その後 関東ではコンテストまがいの写真をさんざ ん撮影したが それにもあきあきし ふたたび関西方面の寺院撮影に熱中している  ところで コンテスト写真のポイントは @狙いを明確にすること A無駄な要素は切り捨てること B光 の状況を読み取ること C状況写真的な要素は排除すること(どこで撮影したかわかってはい けないということ) の4点ぐらいである これらの点に注意して構図を整え 露出やピントや絞り を決定する  C以外の点は 今の寺社撮影に 多少は役立っているかも知れない
  十輪寺は善峯寺からの帰り道にある  有名ではないのであまり観光客は訪れないが 紅 葉の写真集にはしばしば掲載されているので立ち寄ってみた  見事な庭園だけでなく在原業 平のお墓や彼にちなむ塩窯跡が残されている  上の庭園画像の下の画像は塩窯跡に生える カエデ紅葉である  紅葉は黄色を主役に赤色を脇役に添え バックに竹林を置いてシンプル な画面構成した         




[2013年山城国善峯寺の紅葉2景  京都府 2013年11月】

  金蔵寺の撮影のあと 近場の勝持寺 大原野神社の撮影を行い 次の日 朝一番で善峯 寺の撮影に向かった  善峯寺は金蔵寺同様に西山山中にあり 創建は平安時代末期に至る 天台宗の古刹である  広大な境内を持ち 四季それぞれ美しい寺である  ここも風景写真を 始めた頃に撮影に訪れたが 京都市街から離れているため観光客の数も少なく 三脚も使用 できた記憶がある  今回の訪問でも 変わらずに三脚が使えたのは実にありがたかった
  京都市街の寺院を撮影するたびに聞かされるのは 三脚カメラマンの悪評である  特に集 団一行の撮影マナーはひどいし 自分もよく目撃経験している  おかげさま(?)で 市街地の 寺院のほとんどすべては三脚禁止となってしまった  善峯寺も三脚禁止にならないよう カメラ マンもマナーを守って撮影して欲しいものだ 
  訪れた日は見頃から数日過ぎていたが 散り紅葉がそのぶん美しかった  あちこちに散り 紅葉が絨毯のように敷き詰められた石段の回廊があり 素晴らしい被写体となってくれた(上の 画像)  回廊から釈迦堂や阿弥陀堂を過ぎると境内を見渡せる参道があり(下左の画像) そ こを登りつめると奥の院と紅葉の美しい池がある(下右の画像)  午前中いっぱい撮影を堪能 し 次の撮影地である十輪寺に向かった
 <善峯寺の動画1  <善峯寺の動画2



[2013年山城国金蔵寺の紅葉2景  京都府 2013年11月】

  金蔵寺は京都盆地西方の古刹  市街地から山中のお寺までアプローチが長い上に道が 細いので 観光客はほとんど訪れない  その分 かえって落ち着いて撮影できるのはありが たい  この寺は紅葉の美しさで良く知られており 京都の寺院神社の紅葉を扱った写真集に は 必ず金蔵寺が掲載されている
  訪れた日には見頃をややすぎており その分散紅葉の方が美しかった  早朝 東からの 朝陽が境内に差し込み始めたので それを生かすように画面構成した  



このページのトップへ

トップページへ