≪ 日本列島四季百彩U その11 ≫


←その10                                                                    その12→



[2014年淡路国の淡路島黒岩水仙郷2景  兵庫県 2014年1月】

  水仙の野生群落地は日本各地にあるが 海を画面に入れ込んで撮影できる場所はなかな かない  黒岩水仙郷はその稀有な場所であり さらに朝陽に映える水仙を撮影できるため  関西の風景カメラマンには冬の定番撮影地となっている  朝陽が当たるので 晴天快晴の日 に撮影したい  さらに海の向こうの沼島を入れ込みたければ 午前11時過ぎから撮影するの が良いだろう
  ただ この時刻になると観光客の数が多くなるので 狭い遊歩道には三脚を立てにくいのが 実情である  カメラマンがマナーを守って撮影しないと いずれ敷地内での三脚使用が禁止に なる恐れがある
  上の画像で水仙ごしに見える島影が沼島(ぬしま)である  沼島は古事記の国産み神話に 出てくるオノゴロ島の有力候補である <動画あり>



[2014年阿波国吉野川のシラスウナギ漁2景(再訪)  徳島県 2014年3月】

  先週末 リベンジのため吉野川を再訪し シラスウナギ漁を撮影した  撮影したのは3月 1日深夜だが ピーク時の船数は100隻近くになっていただろうか  シラスウナギを引き寄せ るために水面を照らす船のライト群は蛍の大集団のようであり 実に素晴らしい景観であった
  下の画像は高感度 速いシャッターで撮影した画像 上の画像は低感度I スローシャッタ ーで撮影した画像である  高感度で撮影するとブレは防げるが ノイズが目立って画像がざ らつく上に 色味も悪くなり そっけない画面になる  低感度で撮影するとノイズは無くなるが  ブレが発生してしまう  その代り色味は良くなってイメージ的な画面になる  上下の画面を 良く比べて欲しい  どちらの画像を選ぶかは好みの問題であるが 私は色合いがきれいな 上の画像が好みである 



  ちなみに 動画撮影機能を備えた一眼レフをお持ちの方は ぜひ動画も撮影してほしい    静止画では得られない幻想的なシーンが撮影できるからだ  <動画あり>



[2013年備前国虫明湾牡蠣筏の夜明け2景  岡山県 2013年12月】

  写真家緑川洋一の作品で有名な虫明湾の夜明けである。ここには以前 山陽道を旅した時 に訪れたのだが 記憶のままの光景がそのまま展開していた  撮影ポイントも前回より整備さ れており 撮影しやすくなっていたのはあり難かった  ただ条件的には前回ほど朝焼けしなか ったのは残念であった
  ところで虫明湾のホテル玄関口には 虫明湾夜明けの素晴らしい写真の看板があるが 奇 妙なことに その下の「撮影ポイント教えます」の文字に取消線が引いてあったことである  い やな予感がするまま 支配人にたずねてみると「以前は撮影ポイントについて案内していたが  他人の庭に無断で入り込んだり 筏が浮かぶ海面に平気でフイルムの空箱やペットボトルを投 げ捨てたりして 地元住民の生活に悪影響を与えているので 役所からカメラマンに撮影ポイ ントをもう教えるな との要請があり 今はお教えできません」とのことである  更に「こないだ も某会社主催の撮影ツアー一行がこのホテルに宿泊したが 早朝撮影でこのロビーに三脚を 立て始めたので 床が傷つくので止めてください とお願いしたら 逆切れされました」とのこと であった
  京都の寺院と同じ状況がここでも発生していたと言う分けである  いずれ日本中の定番撮 影地で同じようなことが起こって行くのではないか  カメラマンのマナーの悪さ 特に団体集団 の傍若無人の振る舞いは何とかならないものだろうか  その大きな原因については私なりに 言いたいことはあるが ここでは控える  とにかく関係者は反省してもらいたいものだ  



                                                         
[2013年安芸国筆影山から展望する海霧2景  広島県 2013年12月】

  写真を始めた頃 瀬戸内海の海景色を撮影したく 年末に山陽道を旅したことがある  年 末に旅した理由は 瀬戸内海の撮影は冬に限るからである  第一に気温が低いので空気が 澄み切っていること  第二に太陽が南に片寄るので山陽道側からは逆光-半逆光となり 立 体感ある写真を撮影することができる これら二つの理由からである
  掲載した画像は海霧(けあらし)の撮影地として有名な 三原市南の筆影山からのものであ る  三原市からは夜間冷やされた沼田川の水が瀬戸内海に流れ出し これが夜明けとともに 温かい瀬戸内海の海水や空気と接して けあらしが発生するのである  この筆影山の撮影ポ イントから撮影したのが上二枚の画像である  紀伊半島の田原の海霧と同じ要因で発生する 海霧であるが 筆影山からは俯瞰して広くとらえることができるのが田原とは違っている  筆 影山からは前後3回撮影を試みたが 霧が発生したのは一日だけだった  ベストの海霧に遭 遇するのはなかなか難しいらしい
  常連のカメラマンの話では 霧が大量に発生したときには 瀬戸内海の島々が隠れるほど になるとのことである  撮影ポイントには バスはとても入れない細い道なのだが 毎年某撮 影旅行クラブのツアー団体がやってくるとのこと(乗り合いタクシーでやってくるのだろうか?)   一行は漁船を雇用し 船とは携帯で連絡を取り合い 船をベストポイントに操船させて撮影をし ているとのことである  一種のやらせであるが こうでもしないと客が集まらないのだろうか (笑)



[2014年阿波国吉野川のシラスウナギ漁2景  徳島県 2014年1月】

  先週末 大潮と新月が重なる時期を狙って かねてから念願の吉野川河口にシラスウナギ 漁の夜間撮影にチャレンジしてきた  ちょうど 淡路島の黒岩水仙郷の水仙も満開であり 更 に地質百景の取材で阿波の土柱や PIXTA登録用の画像として「うだつの脇町」と「鳴門の渦 潮」も合わせて取材した  天候にも恵まれた3泊4日の充実した撮影旅行であった  ここでは シラスウナギ漁の画像を掲載する
  シラスの撮影は二晩チャレンジした  現地での経験から 適切な撮影場所や撮影時間帯 が良く分かった  また撮影した画像のチェックから 露出(バルブタイムも含め)やレンズ選択 やフレーミングなど 「ああすれば良かった」「こうすれば良かった」など改善すべき点がいろい ろあることも分かった
  動画撮影も平行して行ったが 静止画では得られない印象的なシーンが得られたのはうれ しい誤算であった  今年はあと一回撮影チャンスがあるので 出来ればリベンジしたいと思っ ている  <動画あり>



[2013年山城国宝筐院の紅葉2景  京都府 2013年11月】

  宝筐院(ほうきょういん)は 庭園紅葉の美しさで知られた臨済宗の寺院である  この寺院 には 写真撮影を始めた頃に訪問したのだが 三脚カメラマンに対してとても厳しかった記憶 がある  それもマナーの悪い三脚カメラマンがまいた種であるから自業自得である  しかし 紅葉の美しさは 強烈な記憶として残っていた
  厭離庵(下の画像)の撮影を終え 久しぶりに訪れた宝筐院は 石段の上に「カメラマンへの 警告」めいた文が大書された大看板がデンとすえられていた  三脚や大中判カメラは禁止で 35mm以下のカメラはOKとある  観光客だらけの庭園に入ると やはり散紅葉の美しさは宝 厳院と甲乙付け難い  ちょうど西日が木漏れ日として庭園に差し込んでおり 美しさをいっそう 際立たせていた(上二枚の画像)  ひとしきり撮影を堪能した後 「晴れの日も良いが雨模様の 日も綺麗だろうな」と思いつつ庭園を後にし 帰路に着いたのでした

<厭離庵の庭園>



[2013年山城国嵯峨野界隈の紅葉2景  京都府 2013年11月】

  宝厳院から野宮神社(下左の画像)を経て 護法堂弁財天(下右の画像)に向かった  途中  いかにも嵯峨野らしい田舎風景に出会ったので撮影した(上の画像)  資料を見ても 特に 観光スポットになっている場所ではないようだ
  撮影中にレンタサイクルに乗った東南アジアからの若い女性三人連れに シャッターを押す ように頼まれたので ポーズをとって貰い押してあげる  いつも感心するのだが 外国の若い 女性たちは写されるときのポーズが実に上手いのだ  
 護法堂の紅葉は 京都紅葉を扱った写真集には 必ずと言って良いほど載っているので期 待して行ったのだが 見頃にもかかわらず思ったほどの美しさや規模ではなかった  せっかく 来たのでレンズを上に向けてコンテスト仕様の写真を撮影しておく(上の下の画像)  この後  大覚寺 厭離庵 清涼寺を撮影し 最後に宝筐院(ほうきょういん)に向かった  ここは紅葉 の美しさで知られた臨済宗の寺院である



このページのトップへ

トップページへ