≪ 日本列島四季百彩U その12 ≫


←その11                                                   その13→


[2014年大和国長谷寺の牡丹2景  奈良県 2014年5月】

  牡丹の花と言えば奈良県の長谷寺である  満開の時期をにらんで 近場の室生寺とセット で訪れれば撮影でも観光でも 一日十分に楽しめる  ただし両寺とも満開の時期は2〜3日し かないので事前の情報収集が必要である  
  長谷寺は朝一で撮影を開始した  天候は高曇りで中間色もきれいに映え ほぼベストの 撮影条件であった  さらに1時間ほどすると雲が切れ 柔らかな朝陽のサイド光が 短時間な がら牡丹の花を照らしてくれた  上二枚の画像はその時にシャッターを押して撮影したもので ある  すばらしい一瞬であった  
  撮影中には 庭師の方々が枯れかかった牡丹の花を次々と摘み取り 常にきれいな花だ けが残るように庭園の手入れに余念が無かったのには感心した  長谷寺が花の寺と呼ばれ る由縁である
  長谷寺は20年ほど前に撮影に訪れたが その時は三脚を使用できた記憶がある  しかし 今回は 駐車場の料金支払い所で 三脚使用不可を宣告された  したがって撮影はすべて 手持ちである  とは言え 最新のデジカメは手ぶれ補正機能やISO感度を自由に変えられる ので ブレを心配する必要はほとんど無かった   



[2014年大和国室生寺のシャクナゲ2景  奈良県 2014年5月】

  桜も良いが シャクナゲの花も良い  関東から東北には花の寺の別名を持つ寺院はあま り聞かないが 関西方面では結構ある  その代表的な寺がここ室生寺である  さらに近くに は牡丹の花で有名な長谷寺がある  時期を選べば 両方満開の日が2〜3日あるので その 日を狙って撮影に出かけてみた  上の画像は定番の五重塔と石段両側のシャクナゲ群であ る 朝一番で機材をかついで駆け上がり 三脚を立てて何カットも撮影した一枚である  見事 なまでの満開であり 天候も高曇りであり ほぼベストの条件で撮影することが出来た
  昼過ぎまで境内のあちこちで撮影し 大満足で次の長谷寺に向かったのであった   



[2014年山城国大原三千院の庭園2景  京都府 2014年5月】

  大原三千院のイメージ写真と言えば ここから極楽往生院を撮影したショットである  定番 は紅葉の季節を写したものだが 意外と知られていないのがシャクナゲが咲く頃の新緑の美し さ  下の画像は「わらべ地蔵」  極楽往生院を通り過ぎたスギ林の緑の苔のジュータンから  可愛らしい顔をのぞかせている  ぜひこの時期 近くの宝泉院と合わせて拝観することをお 勧めする



[2014年山城国宝泉院の庭園2景  京都府 2014年5月】

  「♪京都〜 大原三千院♪」で知られた大原三千院  宝泉院はその参道を突き当たった 左に建つ天台宗の僧坊である  山門を入り方丈に入ると 「額縁の庭園」 樹齢700年の五葉 の松 そして「鶴亀の庭園」など見所の多いお寺である  その庭園美と静寂感が好きで 三千 院に撮影に訪れるたびに必ず宝泉院も参拝している  拝観には 抹茶と和菓子付きであるの が嬉しい  撮影した後 静寂の中でのんびりと庭園を眺めていると心が癒されるのだ
  上の画像は額縁の中に五葉の松を納めたもの 松の向うに咲く花はシャクナゲであり 季 節感を表している  下の画像は「鶴亀の庭園」であり ここにもシャクナゲが咲いている   



[2014年肥後国 桜の熊本城2景  熊本県 2014年3月】

   昨年の3月 桜で有名な熊本城を訪れた  残念ながら桜は満開であったが 天候は曇り で良い写真は撮影できず悔しい思いをした  今年はそのリベンジを果たそうと 桜が満開で晴 天快晴の日を選んで城を訪れた  城内は諸外国からの観光客で賑わっていたが 午前中い っぱいかけて 晴天快晴下の桜と天守閣を心いくまで撮影出来て大満足であった  
  天守閣前で撮影していると 某雑誌との契約カメラマンさんに出会った  話を聞くと 雑誌 から「満開の桜と熊本城」を依頼され それをベストの状態で撮影できるのは今日しかないので  東京から一昼夜かけて高速を飛ばして来たとのことであった  改めてプロの厳しさを思い知 った日であった  <動画あり>



[2014年肥前国白木峰高原の桜2景  長崎県 2014年3月】

  諫早市街北方に 一本桜と菜の花がコラボする白木峰高原がある  以前その写真を見る 機会があり チャンスがあればぜひ撮影したいと思っていた  佐賀県の一本桜や見返りの滝 を撮影しながら 現地に花の咲き具合を問合せ 晴れの日を選んで訪問した
  現地は見晴らしの良い場所で 有明海を挟んで遠くに雲仙岳が望め 手前にはいま開門閉 門騒ぎで問題となっている有明水門が見える  公園の遊歩道を一周しながら 静止画と動画 を撮影した  桜と菜の花もほぼ満開であり イメージ通りの写真が撮れ満足した  見物人も 三々五々訪れ花見を楽しんでいたが 人影をはずして撮影するのにさほど苦労はしなかった
  ただ 日当たりの良い場所に咲いているので 朝夕の斜光で撮影すれば もっと印象的な 写真になっていたと思う   <動画あり>



[2014年肥前国見返りの滝2景  佐賀県 2014年3月】

   見返りの滝は 日本の滝百選の一つに選定されている名瀑である  滝に桜を加えてフレ ーミングできる滝はなかなか無いが  この滝はその一つである 
   訪れた日はしとしと雨が降る 桜にとっては絶好の撮影日和  雨にしっとりと濡れた桜は 鮮やかな色となり さらに桜もちょうど満開であった  カメラマンの姿は誰一人見ず  この素 晴らしい被写体を独り占めできたのは幸運だった
  遊歩道を一周してやっと撮影が終わったときには 画像枚数は250枚ほどにもなっていた
   <動画あり> 



[2014年筑前国平尾台2景  福岡県 2014年3月】

  笠山椿群生林を後にして平尾台を訪れた  ここのカルスト地形の特徴は 丸みを帯びた 石灰岩の塊が羊の群れのように林立していることである  その様子をはっきりと分かるように 写すため 野焼の一か月後に訪れたのである  期待通り 野焼の汚れは洗い流されており  しかも新芽が延びる前であり カルスト地形をクッキリと見ることが出来た  
  今回は二回目であり 前回は晩秋の夕方に風景写真的に撮影した  今回は地質写真とし て撮影するために光線が安定する9時過ぎに現地に入りし 正午過ぎまで撮影した  
  <動画あり>



[2014年長門国の笠山椿群生林2景  山口県 2014年3月】

  3月16日に名古屋を出発し 九州方面に桜中心の撮影旅に出かけた  しばらくHPもこの旅 で撮影した画像を掲載する予定である  
  九州の桜はまだつぼみなので 17日に大阪と京都に立ち寄り 昼間は大阪城公園の梅林  夜は京都の花灯路を撮影した  18日には中国高速を西に向かい 一気に山口県萩市に達し た  狙いは落ち椿で有名な笠山椿群生林である  現地情報では 椿は盛りが過ぎているよ うだが 撮影には散り椿の頃あいの方がベストである  到着したその日にロケハンを済ませ  その晩は最寄りの道の駅で車中泊とした  天気予報では夜に強風が吹くとのことであったが  風は吹かずガッカリした
  夜明けとともに現地に到着し 遊歩道沿いに撮影を開始した  あたりには誰もいない  太 陽が昇るにつれて道に木漏れ日が差し込んできた  チャンスととらえて積極的に木漏れ日を 生かして撮影する  木漏れ日を入れるときの注意点は 1.木漏れ日は数個以下に抑えてそれ を画面構成のポイントにするか 2.上の画像のように多数の木漏れ日をパターン化して画面を 引き締めるか のいずれかである
  9時過ぎになると 地元のカメラマンたちの姿が目立つようになってきた  日も高くなり 色 温度も平凡になってきたので撮影を終了し  次の撮影地である北九州に向かった      



[2014年出羽国の銀山温泉2景  山形県 2014年2月】

  東北の冬景色を撮影したく 乳頭温泉 角館武家屋敷 銀山温泉などを巡る雪見ツアーに 参加した  一般ツアーであるが 訪れた場所はすでに何度も撮影しており 撮影ポイントは熟 知しているので 短時間のフリータイムでも効率的に撮影できるのだ  ここに掲載する銀山温 泉は 日本で最も人気のある温泉の一つで 大正時代の面影を強く残す三四階建の旅館が軒 を並べており 大正時代に戻ったような錯覚を起こす街並となっている  そぞろ歩くだけでも楽 しい温泉街である  以前からぜひ 温泉街の雪景色を撮影したいと思っていた
  宿泊したのは温泉街入口に建つ銀山荘である  このホテルの部屋のすべては丹生川に 面しており ガラス窓ごしに素晴らしい雪景色を眺めることができたのはうれしい誤算であった (下の画像)  ちなみにいままで宿泊したホテルのうち 景観 施設 温泉 食事など トータル のおもてなしで一番素晴らしいホテルであった
 ツアーはこのあと 鳴子温泉 平泉の中尊寺や毛越寺を巡って 名古屋に帰ったのでした  

                                                      

このページのトップへ

トップページへ