≪ 日本列島四季百彩U その13 ≫


←その12                                                    その14→


[肥前国長崎ランタンフェスティバル2景  長崎県 2015年2月】

  ランタンとは中国提灯のこと 2月末から3月にかけ 長崎市街ではランタンフェスティバルで にぎわう  もともとは長崎中華街の春節を祝うローカルな祭りであったのが  地域おこしと言 うことで市内全域に祭りを拡大し 今では期間中に100万人の見物客でにぎわう冬の一大イベ ントとなっている  
  祭りのメイン会場は 港公園から中華街を抜けワシントンホテル前あたり一帯である(下の 画像)  また市街中心部の眼鏡橋沿いのランタン飾りも一見の価値がある  特に夕暮れから 薄暮の時間帯が写真撮影にとって もっともベストである(上の画像) <動画あり>



[2015年1月 薩摩国桜島2景  鹿児島県鹿児島市】

  桜島には2年前に撮影に来たが 終日雲に覆われたままで シャッターを一度も押さずに帰 った悲しい記憶がある  今回の訪問前には 地下からのマグマ上昇を示す山体膨張が傾斜 計で観測され 大規模噴火が発生してもおかしくないとの予測が気象庁から出されたので 大 爆発の様子や夜間のマグマ噴火をバルブ撮影できるのではないかと楽しみに出かけた  しか し結局 大爆発もマグマ噴火も発生せずに終わってしまったのには ガッカリした 
  上の画像は道の駅「たるみず」から夜間バルブ撮影したもの  夜3時頃に目覚めると満天 の星空であったので 久しぶりに三脚を2台立て 撮影した画像のうちの一枚である  下の画 像は 夜が明けて桜島の山頂に朝日が当たった時刻に撮影したもの  ちなみにマグマで赤く なっている部分は 南岳火口である  
  その日は 桜島を一周して撮影した  そして午後3時過ぎにはフェリーに乗船し 鹿児島市 街に渡り 定番の城山展望台からの桜島を撮影し 天草方面へと車を走らせた
  ちなみに 桜島の噴火の様子を撮影するなら 南岳火口が写せる東側や南側から撮影す るのが良い<動画あり>



[2015年1月 薩摩国山川製塩工場跡の夜明け2景  鹿児島県指宿市】

  2015年の撮影は九州から始めた  神戸から宮崎行きフェリーに乗り 下船後ただちに鹿 児島に向かった 鹿児島では開聞岳や桜島をからめた風景写真 鹿児島界隈の明治維新関 連史跡の写真と画像を撮る予定である  出発前に桜島が噴火しそうとの予報なので 爆発す る様子を撮影できるかもしれないと楽しみにして出かけた
  開聞岳は菜の花や溶岩とからめて撮影した  天気が良くても湿度が高く 山体が霞んでし か映らないのは残念であった  
  開聞岳がある指宿周辺は温泉だらけで 日帰り湯の入浴料も安く 200円 300円の温泉が ざらにあるし あちこちから温泉や高温水蒸気が噴き出している
  ここに掲載したのは 熱水を利用して昭和39年まで操業していた 山川製塩工場の跡地で 撮影した夜明けである  この反対側にカメラを向ければ 遠景に開聞岳 近景にひなびた山 川砂むし温泉を写し込むことが可能である どんどん色温度が変わって行く両方の静止画と動 画の撮影にてんてこ舞いした  上の静止画は太陽が大隅半島から顔を出した瞬間  下の画 像はその数分後に赤味を増した太陽と 豪快に吹きだす高温水蒸気をフレーミングしたもので ある <動画あり>



[2014年12月 伊勢神宮の御来光2景  三重県伊勢市】

  伊勢神宮内宮境内に入るところに宇治橋があり ここからは冬至前後に鳥居の真中から御 来光が拝める  と言うよりも御来光を拝める場所に橋をかけ 鳥居を建立したと言った方が 正しいだろう  冬至の日に内宮の撮影に来たのだが 御来光の日とは知らず 駐車場にも入 れず 鳥居の前に数百人もの人が集まっていたのを見て「ああそうか」と思ったぐらいである
  その日は内宮と外宮の撮影を行い 御朱印をそれぞれ頂いた  伊勢神宮とその摂社は朱 印のみで神社名の墨書はしない決まりになっている
  冬至後 しばらくの間は伊勢志摩方面の撮影を行い 12月26日は晴天快晴の天気予報で あったので ふたたび御来光の撮影にチャレンジした  日の出前2時間前に鳥居に到着した 時には すでに10人ほどがスタンバイしていた  画像に人が入っても流れの中のこととして気 にするのはやめ 撮影に集中することにした 上の画像は御来光の前の試し撮り  下の画像 は御来光の瞬間である  思ったよりも人影が少なくほっとした  動画も二回撮影することが 出来 上々の夜明け撮影で伊勢志摩撮影を締めくくることが出来た <動画あり> 
<左>伊勢神宮内宮の御朱印
<右>伊勢神宮外宮の御朱印



[2014年12月 二見浦夫婦岩越しに見る富士山  三重県伊勢市】
  誰もが知っている二見が浦の夫婦岩  中部関西の修学旅行では必ず訪問する観光地で ある  昨年末に伊勢志摩一帯の撮影旅行に出かけた際 ぜひ夫婦岩を撮影したいと思い 晴天快晴の夜明けを選んで訪れた  思った通りの雲ひとつない夜明けで ウキウキしながら 三脚を据えて撮影開始したが 地元カメラマンが「今日は富士山が見えるよ」との声に あわ てて富士山を夫婦岩の真中に据えてフレーミングした  富士山が見えるのは年数日しかな いシャッターチャンスに恵まれたわけで 神に感謝しつつシャッターを押し続けた <動画あり
  撮影が一段落したあと 二見興玉神社にて御朱印を頂いた 



[2014年 紀伊国高野山のシャクナゲ2景  和歌山県 2014年5月】

  シャクナゲの撮影は雨に限る  玉置神社から高野山に戻って金剛三昧院と金剛峯寺を撮 影する頃には小雨になってくれた  4-5日前に訪れた時にはまだシャクナゲは六分咲き程度 であったので 熊野方面に移動して熊野三山の各神社や那智大滝 玉置神社を撮影し 再び 高野山へ戻ってきたわけである  
  金剛三昧院には国宝の多宝塔があり シャクナゲとからめて撮影することができる  シャ クナゲ自体も 県指定の天然記念物になっているほど 見ごたえのある大木である  金剛峯 寺では参道や境内周辺に 植栽されたシャクナゲが群生している <動画あり> 



[2014年 熊野国 シャクナゲの玉置神社2景 奈良県 2014年5月】

  玉置(たまき)神社は紀伊山地中央部 1077mの高所にあるため 霧に包まれることが多い   シャクナゲの咲く5月 霧が出そうな朝を見計らって現地を訪れた  
  霧に包まれた林道を突きぬけると下界には雲海が展開していた  この雲海が日の出によ る気温の上昇に伴って 山腹を次々と上昇していき 玉置神社は断続的に霧に包まれることに なるだろう
  広い駐車場から歩いて10分  本殿に到着すると予想通り神社と周囲に咲く満開のシャクナ ゲは霧に包まれていた  神社を包む霧は現れたり消えたりし その変化にともなう神社風景 を写すことが出来た  さらに杉林の向うからは光芒が差し込み 幻想的な光景が眼前に展開 してくれた <動画あり>
  3時間ほどたっぷり撮影し 高野山金剛峯寺方面に向かった



[2014年山城国宇治の茶畑2景  京都府 2014年5月】

  宇治茶の名産地と言えば京都の和束町である  適度に起伏があって日当たりのよい南向 きの山腹に 緑色の茶畑が広がっている  撮影時期は一番茶を摘み取る4月後半から5月初 めである  撮影には燃えるような緑の新芽を摘み取る直前がベストであるが 最近では品質 の良い茶を育てるため 摘み取り前に黒いビニールの覆いをかぶせるようになったため ベス トの状態で撮影することは 最近ではほぼ不可能となっている
  上の写真は 和束で良く知られたサークル状の茶畑でHPにも載っている場所である  撮 影した時は一番茶を摘み取った1週間ほど後で 二番茶の新芽がようやく出そろった頃で ま ずまずの撮影時期であった  気象条件としては 高曇りから薄日の日が良く 上の画像は  太陽が少し雲間から顔をのぞかせた瞬間にシャッターを押したもの <動画あり>

                                                     

このページのトップへ

トップページへ