その14
≪ 日本列島四季百彩U その14 ≫


←その13                                                     

大和国の吉野山千本桜   2015年4月  撮影地:奈良県吉野町
吉野桜下千本
上千本から見た金峯山寺蔵王堂
PIXTA:素材番号17419335ほかにて静止画販売中!
PIXTA:素材番号16303093ほかにて動画販売中!
 桜と言えば吉野山である  吉野山には今年で3回目であるが 前2回はいずれも曇りから小雨 模様の天候で 広い範囲の撮影は出来なかった  この年も天候に恵まれなかったが 2日目よ うやく青空となり 上千本から蔵王堂方面を撮影することが出来た  花矢倉の展望台は 茶屋 の占有となり 地元のお得意さんだけが三脚を立てられるようになったらしく 通りすがりの一般 カメラマンはお断りのようであった  最初から無理だと思っていたから別にどうとも思わなかった が 道を下る途中に山腹を切り開いた場所が新たに出現していた  下の写真はそこから蔵王 堂方面を俯瞰してシャッターを切ったもの  ただしこの場所もあと数年で植栽された木々が成 長して 撮影困難になりそうである  撮影したい人は早めのお出かけをお勧めする


伊那国の舞台桜と杵原小学校の桜  撮影地:長野県伊那市
<上:信州伊那の舞台桜>
  明治7年に建てられた旧座光寺小学校の校庭に植栽された枝垂れ桜である  推定樹齢 350年で花びらが5〜10枚の珍しい桜でここでしか見られない  小雨模様のシットリした雰囲気 で撮影したい  ただし花見客が多いので撮影は早朝がおすすめである
<下:信州伊那の杵原小学校の枝垂れ桜>
  旧山本中学校にある枝垂れ桜で 旧校舎は現在飯田市の有形文化財に指定されている   映画「母べえ」(吉永小百合主演)のロケがここで行われた  この小学校の枝垂れ桜は舞台桜 とほぼ同時に満開になるので セットで撮影できる  晴れ上がった青空のもとで撮影したいが  小雨模様の雰囲気での撮影もなかなか良い


駿河国の桜の富士山本宮浅間大社   2015年3月  撮影地:静岡県富士宮市
  富士山周辺には富士山信仰にちなむ神社がたくさんあり その幾つかは富士信仰にちなむ世 界遺産に指定されている  ここに掲載した富士山本宮浅間神社は静岡県側の代表的な 北口 本宮富士浅間神社は山梨県側の代表的な神社であり いずれも世界遺産に指定されている
  富士山本宮浅間神社からは 下左の画像のように富士山が望める  また参道から総門の両 側 拝殿のある境内には美しいソメイヨシノが咲き乱れる  特に拝殿右に植えられた枝垂れ桜 は見事である  
  満開の枝垂れ桜が 朝日に照らされて輝く様子は感動的ですらあった  2時間ほど撮影して  社務所で御朱印を頂き そのまま次の撮影地である興徳寺に向かった <動画あり> 



駿河国富士山と桜2景-その2-   2015年3月  撮影地:静岡県かりがね堤

  かりがね堤は公園の堤防である  静岡県側の富士と桜の撮影ポイントとしては 岩本公園 や興福寺ほど知られていないが 富士と桜だけをスッキリ画面構成出来る撮影地としての お すすめの場所である  ただ公園の入口が分かりにくいのが難点である 
  富士山の撮影で大事な点の一つは 立ち位置と富士山との適度な距離である  富士が大 きすぎでも遠すぎても前景の桜とのバランスに一苦労する  その点かりがね堤は富士とは適 度な距離感があり 桜との画面構成も楽であった  のんびりとした気分で 午後1時過ぎから2 時間ほど撮影した <動画あり>


駿河国富士山と桜2景   2015年3月  撮影地:静岡県龍厳淵

  今年の桜撮影はまず 富士山と桜をテーマにして開始した  ところが桜は咲いても週間天 気予報は最悪である 青空が望めそうなのは3月30日と31日だけ それ以後はずっと雨か曇り の天気予報が続いている 
  静岡県側の富士山麓の桜は まだ五分咲き程度の情報であるが 晴天快晴の富士と桜を 撮影できるのはこの両日しかない  桜開花情報は実際よりも数日遅れが多いので 5分咲き 程度の表示で出かけた方が良いことが経験上分かっているので とにかく新東名をとばして現 地にかけつけた  前夜は雨模様であったが 夜が明けると雲が切れ やがて雲ひとつない快 晴の青空が広がってきた  現地を訪れてみるとやっぱり桜は すでに満開見頃である  
  下調べした撮影ポイントのうち まずかけつけたのが岩本山公園である  しかし富士と桜 だけをすっきりと画面構成できる撮影ポイントがなかなか無い  あとでチェックするとここは梅 と富士の撮影が良いようである  カメラマンは群がっていたが あきらめて次に向かったのが  ここ龍厳淵である  この時刻になると 富士山にも日が回り 前景となる桜並木にも光があ たり 桜の色もきれいに出るようになっていた  
  上の画像は橋上から撮影したもの  川の流れを入れ富士と桜のバランスを考えて画面構 成した  残念ながらこれより左にレンズを振ると人工建物が入ってしまう  下の画像は河原 に降りて撮影したもの  富士に雲がかかってきたので 川をはずし富士を大きく入れて作画し
  大方の富士の写真は 山梨県側から逆光や半逆光のライティングで撮影したものであるが  静岡県側から順光で撮影した富士もなかなか見事である  あまりにも美しいので[絵葉書写 真」として軽く見られているのだろうか  
  個人的なことだが ここで撮影中に使用カメラが完全に故障してしまった  後日キヤノン修 理センターに持ち込んでみると 修理費用が11万円(会員割引で)とのこと!  即座に新しい 機種を購入することを決断したのでした  ちなみに撮影には常に予備カメラを持参しているの で 取材には実害はありませんでした(苦笑)  <動画あり>




このページのトップへ

トップページへ